長く使っていただくために

Q日々の手入れについて
A桶・樽を使用した後は、つけ置きせずにスポンジやたわしですぐに洗い、水気を拭き取って風通しのよい場所で陰干ししてください。生乾きは黒ずみの原因になります。 詳しい手入れの仕方は、商品に同封いたします。
Q修理について
A桶や樽は、直しながら使っていただく道具です。 木は呼吸していますので、黒ずみやタガのゆるみ等は、使っているうちに生じる仕方のないものです。 有料ではございますが、愛着ある道具を長く使っていただくために、修理を承っております。 <品物と修理のご案内>をご覧ください。

司製樽の品物について

Q当サイトに掲載のないものについて
A当サイトでは、司製樽の商品のうち一部だけを紹介しております。 「こんな形、大きさのものがほしい」といったご要望ありましたら、 <お問い合わせ>よりお気軽にご相談ください。 大桶の製造・修理も承っております。
Q工場の見学について
A司製樽は、お客様にとって身近な職人でありたいと考えています。 そのため、工場の見学も可能です。 <お問い合わせ>よりご相談ください。

配送等について

Q品物のお届けまで
Aご注文をお受けした後、職人が手作業で製造いたします。そのため品物のお届けまでに約1ヶ月ほどお時間をいただいております。 送料は各商品ページをご覧ください。
Q返品について
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。 お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。

職人の想い

四国の徳島県で、木桶・木樽の製造と修理を行っています。

ー 直しながら使う道具 ー
桶や樽は、食べ物を保存・発酵させる等目的に合わせてつくられる、無駄のないシンプルな生活の道具です。司製樽では木・竹・米のみを用い手作業で組み上げることで、修理がしやすいようにつくっています。“直しながら”長く使っていただくことができます。


ー 人にあげるんが惜しいもんを作れ ー
「良い職人とは?」と修行時代 師匠に尋ねたことがあります。「人にあげるんが惜しいもんを作れ」とそのときに教わりました。常に最善のものをつくるという心構えで、日々、桶・樽を製造しております。


ー 木桶・木樽に詰まったロマン ー
桶や樽は何十年と使うことのできる道具です。職人一人で最後まで面倒を見ることは残念ながら難しい…ですので、しっかりしたものをつくるとともに、47都道府県から弟子を募るなど、次の世代の職人を育てることにも取り組んでいます。